研究成果(2012年4月〜現在)

2018年度(平成30年度)
学術論文 (Journal Paper)
    1. A. Takahashi,R. Igarashi,K. Sasai, H. Ueda,Y. Iwaya, T. Kinoshita and M. Hashimoto, "Characterization of the Imaged R/S Pox Diagram for Low-rate DoS Attack, " International Journal of the Society of Materials Engineering for Resources, Vol23 ( 2 ), 152 – 157, 2018.
    2. Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Makoto Otani, Yukio Iwaya and Takao Tsuchiya, "A Real-Time Sound Field Rendering Processor, " Applied Sciences, MDPI, Vol. 8, No. 1, 17 pages online, Jan., 2018, Appl. Sci. 2018, 8, 35; doi:10.3390/app8010035
    国際会議論文 (International Conference paper)
    1. Yukio Iwaya and Brian F.G. Katz, "Distributed Signal Processing Architecture for Real-Time Convolution of 3D Audio Rendering for Mobile Applications," Proc. of EuroVR 2018: Virtual Reality and Augmented Reality, pp. 148-157, (2018)
    国内会議発表 (Domestic paper)

    その他 (etc.)

    2017年度(平成29年度)
    学術論文
    1. ."Effects of spatial aliasing in sound field reproduction: Reproducibility of binaural signals," Makoto Otani, Hikaru Watabe, Takao Tsuchiya, Yukio Iwaya, Acoustical Science and Technology, 38, 3, 147-153.
    国際会議論文
      1.  A. Takahashi,R. Igarashi,K. Sasai, H. Ueda,Y. Iwaya, T. Kinoshita and M. Hashimoto,  "Characterization of the Imaged R/S Pox Diagram for Low-rate DoS Attack," Proc. of The Eighth International Conference on MaterialsEngineering for Resources(ICMR2017 AKITA), 425 - 430
      2. Yoshikazu Seki, Yukio Iwaya , Makoto Ohuchi, Yoiti Suzuki, “Update Ver. 2.10 of Wide- Range Auditory Orientation Training System for Blind O&M,” Proc. of 31st Annual Inter- national Technology and Persons with Disabilities Conference, 2 pages in extended abstract, (CSUN2017) (2017-03, San Diego).
      国内会議発表
      1. [招待講演] 岩谷幸雄、“聴覚ディスプレイと音空間知覚、”音学シンポジウム、2017、(お茶の水女子大、東 京)
      2. [Invited Lecture] Yukio Iwaya, "Subjective impression of virtual sound space," EA2017-70, pp.67-72, 2017-11-30, オークランド大学, NZ.
      3. [招待講演] 坂本修一、本郷 哲、岡本拓磨、岩谷幸雄、鈴木陽一(東北大)、バイノーラル音空間収音再生手法SENZIの252chリアルタイム実現、信学技法、EA2017-33, pp.39-40、2017-08-09, 仙台
      4. 大内誠、岩谷幸雄、鈴木陽一、バーチャル聴覚ディスプレイ技術を応用した視覚障害者向け音 空間ゲームの開発、情報処理学会エンタテインメントコンピューティングシンポジウム 2017 論文集、pp. 348-351, 2017.
      5. 早坂瞭太、岩谷幸雄、楽譜情報と櫛形フィルタを用いた発音タイミング解析、平成30年東北地区若手研究者研究発表会、pp. 213-214.
      6. 尾崎康平、岩谷幸雄、相反法を用いた可搬型頭部伝達関数測定システム、平成30年東北地区若手研究者研究発表会、pp. 215-216.
      7. 野尻寛人, 斎藤和樹, 岩谷幸雄、エッジコンピューティング型聴覚ディスプレイのパラメタ最適化、平成30年東北地区若手研究者研究発表会、pp. 217-218.
      8. 大竹柊, 庄子雅史, 岩谷幸雄、音像定位中の頭部運動解析、平成30年東北地区若手研究者研究発表会、pp. 219-220.
      その他
      1. 【解説】岩谷幸雄、頭部伝達関数による音像定位、日本音響学会誌、第 73 巻3号、pp.173-180. 2017.
      2. 岩谷幸雄,音空間の提示法と聴取印象,東北学院大学工学総合研究所紀要,8pages in CDROM.
      2016年度(平成28年度)
      学術論文
      1.  Honda, A., Ohba, K., Iwaya, Y., & Suzuki, Y. (2016). Detection of Sound Image Movement during Horizontal Head Rotation. i-Perception, Vol. 7 (5), 2041669516669614.
      国際会議発表
      1. Yukio Iwaya , Makoto Otani, Takao Tsuchiya, et al.,“Discrimination of sound fields different in spatial aliasing, ”RIEC International Symposium on Ultra Realistic Acoustic Communications 2016 (ISURAC 2016).

      国内会議発表
        1. [招待講演] 岩谷幸雄,土屋隆生,井口寧,大谷真,高精細音空間のレンダリングと再現システム,ICTフェ ア東北,2016/8/27(於仙台)
        2. [招待講演] 岩谷幸雄,土屋隆生,井口寧,大谷真,高精細音空間コンテンツのための主観的最適化音空間 ディスプレイの研究開発,ICT イノベーションフォーラム 2016(2016/8/27)於幕張メッセ
        3. 岩谷幸雄,本多明生,尾崎佑介,頭部運動を伴う音像定位時の純音検知限,信学技法,EA2016-29, pp.55-58,2016-08-10,仙台
        4. 伊藤修平、岩谷幸雄、大谷真、土屋隆生、ネットワーク聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価、信学技報, vol. 115, no. 521, EA2015-101, pp. 193-196, 2016年3月、沖縄.
        5. 矢入 聡,畠山巧幹, 岩谷幸雄,聴覚ディスプレイにおける音像の存在感,信学技法,HIP2016-65、pp.21-24、2016-12-20, 仙台
        6. 永野翔,岩谷幸雄,伊藤哲也,高橋秋典,五十嵐隆治,木下哲男,輻輳・非輻輳持続時間の累積確率分布の傾きに関する考察,平成28年度電気関係学会東北支部連合大会 
        7. 土屋正輝, 菊池光, 岩谷幸雄,音像定位中および音像定位後の頭部運動時の純音閾値、平成29年東北地区若手研究者発表会、pp201-202.
        8. 大友直也, 岩谷幸雄,多チャネルマイクロホンを用いた音場の可視化、平成29年東北地区若手研究者発表会、pp203-204.
        9. 菊池光, 土屋正輝, 岩谷幸雄,頭頂方向の音源の頭部運動時における耳元音圧変化、平成29年東北地区若手研究者発表会、pp205-206.
        10. 大内健太郎, 岩谷幸雄, 土屋隆生, 大谷真、折り返し歪みの上限周波数の異なるバーチャル音場の弁別、平成29年東北地区若手研究者発表会、pp207-208.
        11. 伊藤隆太郎, 岩谷幸雄、頭部伝達関数コーパスを用いた正中面の両耳間レベル差分布、平成29年東北地区若手研究者発表会、pp209-210.
        12. 阿部友哉, 岩谷幸雄, 音の残響知覚に明度情報が及ぼす影響, 平成29年東北地区若手研究者発表会、pp211-212.
        13. 伊藤修平,岩谷幸雄, エッジコンピューティングを用いたネットワーク型聴覚ディスプレイ、平成29年東北地区若手研究者発表会、pp213-214. 
        14. 永野翔,伊藤哲也,岩谷幸雄, .ネットワークトラヒックにおける輻輳・非輻輳持続時間の累積確率分布の傾きの導出方法, 平成29年東北地区若手研究者発表会
        その他

        2015年度(平成27年度)
        学術論文
        1. Shuichi Sakamoto, Satoshi Hongo, Takuma Okamoto, Yukio Iwaya, Yôiti Suzuki , Sound-space recording and binaural presentation system based on a 252-channel microphone array, Acoustical Science and Technology, 36(6), (2015), 516-526. 
        2.  J. Trevino, Y Suzuki, T Okamoto, Y Iwaya, J Li, "A Spatial Extrapolation Method to Derive High-Order Ambisonics Data from Stereo Sources," Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing,6(6),(2015),1100-1116.
        3. Osamu Yamashita, Takao Tsuchiya, Yukio Iwaya, Makoto Otani, and Yasushi Inoguchi"Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact-explicit finite-difference time-domain method," Japanese Journal of Applied Physics 54(7S1), 07HC02 2015-6.
        4. Akio HONDA, Takayuki KANDA, Hiroshi SHIBATA, Shuichi SAKAMOTO, Yukio IWAYA, Jiro GYOBA and Yoˆiti SUZUKI, "Sense of Presence and Verisimilitude of Audio-Visual Contents: Effects of Sounds and Playback Speeds on Sports Video, " Interdisciplinary Information Sciences Vol. 21, No. 2 (2015) , pp. 143-149.
        5. Makoto Otani, Hikaru Watabe, Takao Tsuchiya, and Yukio Iwaya, "Numerical examination of effects of discretization spacing on accuracy of sound field reproduction," Acoustical Science and Technology   36(4), pp. 362-365.
        国際会議発表
        1. [Invited paper] Yukio Iwaya, Makoto Otani, Takao Tsuchiya, Yasushi Inoguchi, "Perception of acoustical spatial attributes and impression in virtually rendered sound field," Proc. International Congress on Sound and Vibration, Paper No. 472 in CDROM.
        2. [Invited paper] Yukio Iwaya, Takao Tsuchiya, Makoto Otani and Junfeng Li, "Virtual auditory display on a smartphone for high-resolution acoustic space by remote rendering. " Proc. IEEE IIH-MSP 2015, 4 pages in CDROM.
        3. [Invited paper] Makoto Otani, Hikaru Watabe, Takao Tsuchiya, Yukio Iwaya, "Impact of discretization spacing on reproduction accuracy in wave field synthesis," Proc. International Congress on Sound and Vibration, Paper No. 217 in CDROM.
        4. Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Yukio Iwaya, Makoto Otani, Takao Tsuchiya, "A Scalable Processor for Real-time Sound Rendering," Proceedings of COOL Chips XVIII, 1 page in CDROM.
        5. Yoshikazu Seki, Yukio Iwaya, Makoto Oh-UCHI, Yoiti Suzuki, "Improvement of Positioning in WR-AOTS for Blind O&M.," International Technology & persons with disabilities conference CSUN 2016, Extended abstract.

        国内会議発表
        1. 伊藤修平・岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生,ネットワーク聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価,信学技法,EA2015-101 SIP2015-150 SP2015-129, pp.193-196.
        2. 鎗水翔也,岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生,空間的折り返し歪み発生の上限周波数の異なる合成音場の弁別,信学技法,EA2015-102 SIP2015-151 SP2015-130, pp.197-200.
        3. Tan Yiyu, 井口 寧, 大谷 真, 岩谷 幸雄, 土屋 隆生, Processor for Real-time Sound Field Rendering, 2015年度 電気関係学会 北陸支部連合大会, F1-28.
        4. 稲次優斗,岩谷幸雄,高橋秋典,五十嵐隆治,木下哲男, 非輻輳相の持続時間を用いた相転移モデルの挙動, 2015年度電気関係学会東北支部連合大会, 2H09.
        5. 稲次優斗,岩谷幸雄,高橋秋典,五十嵐隆治,木下哲男,上田浩,輻輳/非輻輳層に基づいた相転移モデルによるパケットフロー監視,電子情報通信学会総合大会
        6. 渡部 光,大谷 真,土屋隆生,岩谷幸雄, 波面合成における境界離散化間隔が室内音場の合成精度に与える影響の検討, 電子情報通信学会技術研究報告, EA2015-44, pp.23-26.
        7. 杉浦 恭輔,國本 佳樹,土屋 隆生,大谷 真,岩谷 幸雄,リアルタイム畳み込みシステムによる音空間レンダラー,2016年春季音響学会講演論文集, 1-7-9.
        8. 渡部 光,大谷 真,細萱 友貴,土屋 隆生,岩谷 幸雄,バイノーラル合成による超多チャンネル波面合成の模擬 -汎用計算機による再現可能周波数の検討-,2016年春季音響学会講演論文集,2-P-9.
        9. 土屋隆生,杉浦京介,岩谷幸雄,大谷真,粒子速度を用いたCE-FDTD法 -2次元の場合-,電子情報通信学会技術研究報告,US2015-26,pp.57-60.
        10. 鎗水翔也、岩谷幸雄、土屋隆生、大谷真,折り返し歪みを有する合成音場の弁別,情報処理学会研究報告,VOL.2015-MUS-107,NO.30.
        11. 関喜一,岩谷幸雄,大内誠,鈴木陽一,広範囲聴覚空間認知訓練システムWR-AOTSにおける歩行検出方法の改良,感覚代行シンポジウム,感覚代行シンポジウム
        12. 髙橋俊彦,髙橋秋典,五十嵐隆治,上田 浩,岩谷幸雄,木下哲男,R/S Pox Diagramのプロット度数分布に着目した異常検知手法に関する検討,2015年度電気関係学会東北支部連合大会,2H06.
        13. 髙橋俊彦,髙橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,R/S Pox Diagramのプロット度数分布に着目した異常検知手法に関する検討,インターネットコンファレンス2015,2015年10月, pp. 111-112.
        14. 鎗水翔也,庄子拓也,岩谷幸雄,土屋隆生,大谷真,Junfeng Li,“遠隔レンダリングされた音空間における音像定位,”平成27年東北地区若手研究者研究発表会,pp.321,(2015).
        15. 鎗水翔也,岩谷幸雄,大谷真,土屋隆生,“空間的折り返し歪みの異なる仮想音空間の音質評価,”日本音響学会春季研究発表会,pp.347-348,(2015). 
        16. 鎗水翔也,大内健太郎,大友直也,岩谷幸雄,土屋隆生,大谷真,“空間的折り返し歪みの異なるバーチャル音場の弁別,”平成28年度東北地区若手研究者研究発表会,(2016).
        17. 稲次優斗,相澤勇斗,永野翔,岩谷幸雄,五十嵐隆治, 非輻輳相を考慮した相転移モデルの挙動,平成28年度東北地区若手研究者研究発表会,(2016).
        18. 尾崎友祐,土屋正輝,菊池光,岩谷幸雄 ,本多明生,アクティブリスニングにおける500Hz純音閾値の変化,平成28年度東北地区若手研究者研究発表会,(2016).
        19. 伊藤修平岩谷幸雄千葉順子,土屋隆生,大谷真,ネットワーク型聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステム,平成28年度東北地区若手研究者研究発表会,(2016).
        20. 及川雅允,阿部友哉,千葉順子,岩谷幸雄,土屋隆生,大谷真,iOSにおけるネットワーク型聴覚ディスプレイシステムの遅延測定,平成28年度東北地区若手研究者研究発表会,(2016).
        その他

        2014年度(平成26年度)
        学術論文
        1. Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya, "A Real-time Sound Rendering System based on the Finite-Difference Time-Domain Algorithm,"  Japanese Journal of Applied Physics,No. 7S, 07KC14-1 - 07KC14-8, 2014. Jun.
        2. 崔正烈 増見洋治, 岩谷幸雄, 勝本道哲, 坂本修一, 鈴木陽一,長距離伝搬に頑健な津波警報候補音の作成,日本感性工学会論文誌, (2014), 459-469.
        3. 崔正烈, 柳生寛幸, 坂本修一, 岩谷幸雄, 鈴木陽一,回転する聴覚刺激が回転ベクション感覚に及ぼす影響,電子情報通信学会論文誌(D), (2014), 891-894.
        4. Watanabe, K and Iwaya, Y. and Suzuki, Y. and Takane, S. and Sato, S., Dataset of head-related transfer functions measured with a circular loudspeaker array, Acoust. Sci. Technol.,35(3),(2014),159-165.
        国際会議発表
        1. Y. Iwaya, M. Otani, T. Tsuchiya, Junfeng Li, Virtual Auditory Display by Remote Rendering Via Computer Network, Proc. of IIH-MSP 2014, KOREA, 598-601, 2014.         
        2. Yukio Iwaya, Takao Tsuchiya, Makoto Otani, Sound localization in surrounding loudspeaker array with spatial aliasing, Proc. of Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), KOREA, 4-page in CDROM, 2014.
        3. Makoto Otani, Takao Tsuchiya, Yukio Iwaya, Binaural synthesis of virtual acoustic field by numerous-channel reproduction, Proc. of Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), KOREA, 4-page in CDROM, 2014.
        4. Yuto Inaji, Yukio Iwaya, Akinori Takahashi, Ryuji Igarashi, Gen Kitagata, Tetsuo Kinoshita, Behavior of Phase Transition Model in Information Network Traffic Attacked by Denial of Service, Proc. of International Conference on Smart Technologies for Energy, Information and Communication 2014 (IC-STEIC2014), pp.19-24, Aug. 2014.
        5. Osamu Yamashita, Tsuchiya Takao, Yukio Iwaya, Makoto Otani, Yasushi Inoguchi, "Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact explicit-finite difference time domain method," Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, 419-420, Nov.2014.
        6. Y. Inoguchi, Yiyu Tan, Y. Sato, M. Ohtani, T. Tsuchiya, and Y. Iwaya," Real Time Sound Rendering System to make a Silicon Concert Hall," IEEE Supercomputing Conference 2014 (SC14) Exibition, (New Orleans, LA, U.S.A.), Oral Presentation, Nov.2014.
        7.  Y. Seki, Y. Iwaya, M. Ohuchi, Y. Suzuki, "Update of Wide-Range Auditory Orientation Training System for Blind O&M,"  CSUN Presentation, Oral Presentation, Mar.2015.    
        国内会議発表
        1. [招待講演]岩谷幸雄,ネットワーク型空間音響システムへ向けて,電子情報通信学会ソサエティ大会依頼シンポジウム・空間音響信号処理と実用化, 2014年9月, SS37.   
        2. [招待講演]土屋隆生, 岩谷幸雄, 大谷 真,音空間レンダリングとその今後,電子情報通信学会ソサエティ大会依頼シンポジウム・空間音響信号処理と実用化, 2014年9月, SS38.
        3. [招待講演]土屋隆生,大谷 真、岩谷幸雄,音空間レンダリングとその可能性について,日本音響学会建築音響研究会, 2014年7月, 1-8.
        4. [招待講演]岩谷幸雄,バイノーラル音空間合成の課題,熊本大学大学院自然科学研究科情報電気電子工学専攻人間環境情報講座2014年度プロジェクトゼミナール, 2014年10月, 口頭発表.
        5. [招待講演]土屋隆生, 岩谷幸雄, 大谷真,音空間レンダリングによる仮想音響空間創出の試み,熊本大学大学院自然科学研究科情報電気電子工学専攻人間環境情報講座2014年度プロジェクトゼミナール, 2014年10月, 口頭発表.
        6. Tan Yiyu, 井口 寧, 佐藤 幸紀, 大谷 真,岩谷 幸雄, 土屋 隆生A Prototype of Real-time Sound Rendering System,2014年度 電気関係学会 北陸支部連合大会, 2014年9月, F1-3.
        7. 渡部 光、大谷 真、土屋隆生、岩谷幸雄,波面合成方式における離散化間隔が合成精度に与える影響,電子情報通信学会応用音響研究会, 2014年12月, 55-58.
        8. 山巧幹、矢入 聡、岩谷幸雄,音像の存在感を用いた聴覚ディスプレイの評価に関する基礎検討,電子情報通信学会応用音響研究会, 2014年12月, 67-72.
        9. 岩谷幸雄、渡邉貫治、Piotr Majdak、Markus Noisternig、鈴木陽一、坂本修一、高根昭一、佐藤宗純,頭部伝達関数データセット記述の標準化を目指したSOFA: Spatially Oriented format for Acoustics,電子情報通信学会応用音響研究会, 2014年6月, 19-23.
        10. 庄子拓也,岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生,Junfeng Li,クライアント音源の遠隔空間レンダリング遅延解析,電子情報通信学会応用音響研究会, 2014年12月, 63-65.
        11. 鎗水翔也,岩谷幸雄,大谷 真,土屋隆生,スピーカ密度の異なる仮想音場の主観評価,電子情報通信学会応用音響研究会, 2014年12月, 59-61.
        12.  稲次優斗,岩谷幸雄,五十嵐隆治,高橋秋典,DoS攻撃を受けた情報トラフィックにおける相転移モデルの挙動,平成26年度電気関係学会東北支部連合大会, 2014年8月, 1F05.
        13. 稲次優斗, 鈴木康平, 岩谷幸雄, 及川直哉,相転移モデルを用いたリアルタイムパケットフロー監視システム,平成27年東北地区若手研究者研究発表会, 2015年2月, 303.
        14. 大久保和貴,尾崎友祐,岩谷幸雄,頭部運動を伴う音像定位における純音閾値の変化,平成27年東北地区若手研究者研究発表会, 2015年2月, 317.
        15. 東海林凌,齋藤拓也,鎗水翔也,岩谷幸雄,土屋隆夫,大谷真,折り返し歪みを生じる境界周波数の異なる音場の主観評価,平成27年東北地区若手研究者研究発表会, 2015年2月, 319.
        16. 鎗水翔也,庄子拓也,岩谷幸雄,土屋隆生,大谷真,Junfeng Li,遠隔レンダリングされた音空間における音像定位, 平成27年東北地区若手研究者研究発表会, 2015年2月, 321.
        17. 鎗水翔也,岩谷幸雄,大谷真,土屋隆生,空間的折り返し歪みの異なる仮想音空間の音質評価,日本音響学会研究発表会, 2015年3月, 347-348.
        18. 土屋 隆生,山下 脩,岩谷 幸雄,大谷 真,井口 寧,音空間レンダリングのための任意形状の取り扱いについて -その1 境界条件-,日本音響学会秋季研究発表会, 2014年9月, 825-828.
        19. 山下 脩,土屋 隆生,岩谷 幸雄,大谷 真,音空間レンダリングのための任意形状の取り扱いについて -その2 適用例-,日本音響学会秋季研究発表会, 2014年9月, 829-830.
        20. 山下 脩,土屋 隆生,岩谷 幸雄,大谷 真,井口 寧,CE-FDTD法による球面上の音圧解析,日本音響学会春季研究発表会, 2015年3月, 1275-1276.
        21. 渡部 光、大谷 真、土屋隆生、岩谷幸雄,バイノーラル合成による超多チャンネル波面合成の模擬~境界離散化間隔が合成音場に与える影響の検討~,日本音響学会春季研究発表会, 2015年3月, 2-P-37.
        22. 髙橋秋典,高橋俊彦,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,情報セキュリティーポリシーを考慮したネットワークトラフィック統計データ提供システムに関する検討,第77回情報処理学会全国大会, 2015年3月, p.5E-04.
        23. 土屋隆生,岩谷幸雄,大谷真,井口寧,鈴木陽一,包囲型スピーカアレイにレンダリングされた高精細音空間の主観的評価,東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会, 2015年2月, ポスター発表.
        24. 岩谷幸雄,ネットワークの知的管理のための情報取得・活用に関する研究, 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会, 2015年2月, ポスター発表.
        25. 加賀谷享諒,髙橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,R/S Pox レッグライン特性を用いたトラフィック異常検知に関する研究,平成26年度第1回情報処理学会東北支部研究会, 2014年12月, 3.
        26.  竹原里紗,髙橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,レーダー画像をイメージしたトラフィック状態マッピング手法に関する研究,平成26年度第1回情報処理学会東北支部研究会, 2014年12月, 4.
        27. 加賀谷享諒,髙橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄, 木下哲男,R/S Pox レッグライン特性を用いたトラフィック異常検知に関する研究,平成26年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, 2014年8月, p.2G15.
        28. 竹原里紗,髙橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄, 木下哲男, 加藤匠, 高橋秀幸, 木下哲男,エンドユーザを対象としたトラフィックの可視化に関する研究,平成26年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, 2014年8月, p.2G16.
        29.  高橋俊彦,五十嵐隆治,髙橋秋典,上田浩,岩谷幸雄, 木下哲男,プライバシーポリシーを考慮したトラフィックデータ情報提供システムの構築,平成26年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, 2014年8月, p.2G17.
        その他
        1. 稲次優斗,岩谷幸雄,髙橋秋典,五十嵐隆治,木下哲男,上田浩,相転移モデルを用いた情報ネットワークの健全性判別,東北学院大学工学総合研究所紀要   2015年03月
        2. 鎗水翔也,岩谷幸雄,土屋隆生,大谷真,バーチャル音場を用いた空間的織り開始歪みの主観評価,東北学院大学工学総合研究所紀要 2015年3月
        2013年度(平成25年度)
        学術論文
        1. 韓チョルス、岡本拓磨、岩谷幸雄、鈴木陽一,頭部回転に頑健な両耳クロストークキャンセラ実現のためのラウドスピーカ配置選択法,日本音響学会誌 69(10),(2013),538-548.
        2. 崔正烈,寺島英明,坂本修一,岩谷幸雄,鈴木陽一,ベクション感覚と平衡感覚刺激並存下の音像定位,日本バーチャルリアリティ学会論文誌 18(1),(2013),27-35
        3. 本多明生,神田敬幸,柴田寛,浅井暢子,寺本渉,坂本修一,岩谷幸雄,行場次 朗,鈴木陽一,視聴覚コンテツの臨場感と迫真性の規定因,日本バーチャルリアリティ学会論文誌 18(1),(2013),93-101
        4. Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya, Hiroshi Matsuoka and Takao Tsuchiya A hardware-oriented finite-difference time-domain algorithm for sound field rendering,  Japanese Journal of Applied Physics, 52, 7,Issue 2, 1-7
        5. Honda, A., Shibata, H., Hidaka, S., Gyoba, J., Iwaya, Y., & Suzuki. Y. (2013). Effects of Head Movement and Proprioceptive Feedback in Training of Sound Localization. i-Perception, Vol. 4, 253-264.
        6. 高橋秋典, 五十嵐隆治, 上田浩, 岩谷幸雄, 木下哲男, R/S Pox レッグライン 特性,情報処理学会論文誌   54 ( 6 )   1761 - 1770   2013年06月
        7. Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya, Design and Implementation of a Two-dimensional Sound Field Solver Based on the Digital Huygens, J. Microprocessors and Microsystems 38 (2014), pp.216-225, 2014
        8. Sakamoto, S., Hasegawa, G., Honda, A., Iwaya, Y., Suzuki, Y., & Gyoba, J. (2014), Body Vibration Effects on Perceived Reality with Multi-Modal Contents. ITE Transactions on Media Technology and Applications, Vol. 2, 46-50.
        国際会議論文
        1. P. Majdak, Y. Iwaya, T. Carpentier, R. Nicol, M. Parmentier, A. Roginska, Y. Suzuki, K. Watanabe, H. Wierstorf, H. Ziegelwanger, and M. Noisternig, Spatially oriented format for acoustics: A data exchange format representing head-related transfer functions, Proc. of 2013 International AES Convention, pp.11-page manuscript,2013
        2. Y. Suzuki, J. Trevino, T. Okamoto, Z.-L. Cui, S. Sakamoto and Y. Iwaya, High definition 3D auditory displays and microphone arrays for the use with future 3D TV (invited lecture), Proc. Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), pp.4-page manuscript,2013
        3. S. Sakamoto, G. Hasegawa, A. Honda, Y. Iwaya, Y. Suzuki and J. Gyoba, Effects of body vibration on the perceived reality in multi-modal contents, Proc. Three Dimensional Systems and Applications (3DSA),pp.4-page manuscript,2013
        4. S. Sakamoto, S. Hongo, T. Okamoto, Evaluation of different spatial windows for a multi-channel audio interpolation systemY. Iwaya and Y. Suzuki, , Proc. The 21st International Congress on Acoustics,pp.1-9,2013
        5. Takao Tsuchiya、Yukio Iwaya and Makoto Otani, Large-scale sound field rendering with graphics processing unit cluster for three-dimensional audio with loudspeaker array, Proc. of Int. Cong. Acoust. 2013,pp.6-page manuscript
        6. Iwaya, Yukio; Anbe, Takuya; Cui, Zhenglie; Suzuki, Yoiti, Subjective Evaluation of High-definition Virtual Sound Field using a 157-channel Surrounding Loudspeaker Array, The Ninth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2013), pp. 4 page manuscript, 2013
        7. J. Trevino, T. Okamoto, Y. Iwaya and Y. Suzuki, Extrapolation of horizontal Ambisonics data from mainstream stereo sources, Proc. IIH-MSP 2013, pp.4-pages manuscript, 2013
        8. J. Trevino, T. Okamoto, C. Salvador, Y. Iwaya, Z.-L. Cue, S. Sakamoto and Y. Suzuki, High-order Ambisonics auditory displays for the scalable presentation of immersive 3D audio-visual contents, Proc. of the 23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2013), pp. 2 page manuscript, 2013
        9. Y. Suzuki, K. Ohba, A. Honda, S. Sakamoto and Y. Iwaya, Minimum audible angle at the subjective front during active and passive listener's head rotation, 166th Meeting of the Acoustical Society of America, Oral presentation with abstract, 2013
        10. Y. Suzuki, K. Ohba, S. Sakamoto, A. Honda and Y. Iwaya, Minimum audible angle at subjective front during listener's head rotation, 14th International Multisensory Research Forum (IMRF), Oral presentation with abstract, 2013
        11. Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya, A Real-time Sound Rendering System based on the Finite-Difference Time-Domain Algorithm, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, (2013), 235-236
        12. Yoshikazu SEKI, Yukio IWAYA, Makoto OH-UCHI, Yo-iti SUZUKI, Wide-Range Auditory Orientation Training System for Blind O&M Training, the 29th Annual International Technology and Persons with Disabilities Conference, Oral Presentation with 3-page extended abstract, 2014
        国内会議発表
        1. 岩谷幸雄、庄子拓也、川崎誉洋、土屋隆生、大谷真, クラウド型聴覚ディスプレイの遅延解析,電子情報通信学会2014年総合大会, (2014), A-10-2
        2. 岩谷幸雄・庄子拓也・川崎誉洋・千葉順子・大谷 真・土屋隆生,遠隔レンダリング型聴覚ディスプレイの試作,電子情報通信学会EMM研究会, (2014), 11-16
        3. 関喜一、岩谷幸雄、大内誠、鈴木陽一,視覚障害者用聴覚空間認知訓練システムの実用化,日本機械学会バイオエンジニアリング講演会2013、講演論文集, (2014), 283-284
        4. 竹原里紗,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,フロー単位のパケット比率に着目したポートスキャン検知に関する研究,平成25年度日本知能情報ファジィ学会東北支部研究会, (2014), 11
        5. 加賀谷享諒,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,R/S Poxレッグライン特性を用いた異常検知に関する研究,平成25年度日本知能情報ファジィ学会東北支部研究会, (2014), 10
        6. 土屋隆生、岩谷幸雄、大谷 真,CE-FDTD法の反射境界について,日本音響学会2014年度春季研究発表会, (2014), 1397-1398
        7. 鎗水翔也、山本逸朗、東海林凌、岩谷幸雄、土屋隆生,空間的折り返し歪みがある稠密スピーカ音場における音像定位,日本音響学会2014年度春季研究発表会, (2014), 905-906
        8. 大谷 真、内田 涼、土屋隆生、岩谷幸雄,多チャンネル音場再現のバイノーラル合成による模擬,電子情報通信学会2014年総合大会, (2014), A-10-1
        9. 中野稜允・伊豆田廉明・大内 誠・清野明日美・小室和史・岩谷幸雄・関 善一・名手久貴,バーチャル聴覚ディスプレイを応用した移動音源定位能力アセスメント基礎的研究2とゲーム性考察,映像情報メディア学会AIT研究会, (2014), 199-202
        10. 丸田直樹・山下 脩・土屋隆生・大谷 真・岩谷幸雄,CE-FDTD法の境界条件について ~ 密度変化の取り扱い ~,電子情報通信学会EA研究会, (2014), 1-6
        11. 崔正烈,岡本拓磨,岩谷幸雄,ホルヘ トレビーニョ,坂本修一,鈴木陽一,32ch高次Ambisonicsを用いた可搬型3次元視聴覚ディスプレイ,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集(2013), 88-91
        12. 崔正烈,増見洋治,岩谷幸雄,安倍卓弥,勝本道哲,坂本修一,齋藤文孝,鈴木陽一,長距離伝搬に頑健な津波警報候補音の作成・印象評価と最終候補の選定,日本音響学会講演論文集, (2013), 1425-1428.
        13. 鈴木陽一,崔正烈,坂本修一,森本政之,宇佐川毅,苣木禎史,佐藤逸人,岩谷 幸雄,青木雅彦,小池宏寿,高島和博,鶴秀生,光枝太一,屋外における災害情報の伝達性能の向上を目指して-総務省平成23年度3次補正 予算による技術開発-(招待講演),日本音響学会講演論文集, (2013), 1523-1526
        14. 関喜一、岩谷幸雄、大内誠、鈴木陽一,広範囲聴覚空間認知訓練システムWR-AOTSの実用化,第39回感覚代行シンポジウム、講演論文集, (2013), 69-72.
        15. 清野明日美、小室和史、赤井澤博貴、大内 誠、岩谷幸雄、関 喜一,音響AR空間内における視覚障害者の歩行訓練とその効果,第39回感覚代行シンポジウム、講演論文集, (2013), 73-76.
        16. 杉澤知,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,奈須野裕,フロー量閾値設定のトラフィック特性の同定に関する研究,平成25年度情報処理学会東北支部研究会, (2013), No. 6
        17. 崔正烈,柳生寛幸,坂本修一,岩谷幸雄,鈴木陽一,回転運動する聴覚刺激が回転ベクション感覚に及ぼす影響(FIT船井ベストペー パー賞受賞),第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013), (2013), 33-38
        18. 山本逸朗、鎗水翔也、岩谷幸雄、土屋隆生,空間レンダリングされた高精細音空間の主観評価,日本音響学会秋季研究発表会, (2013), 719-720
        19. 土屋隆生・岩谷幸雄・大谷 真・井口 寧,包囲型マイクロホン・スピーカアレイによる音空間レンダリングの試み,電子情報通信学会EA研究会, (2013), 23-28
        20. 伊藤敦郎・鈴木陽一・酒井修二・伊藤康一・大内 誠・坂本修一・青木孝文・岩谷幸雄,ステレオ画像聴取者センシングの開発と3次元聴覚ディスプレイへの導入,電子情報通信学会EA研究会, (2013), 35-38
        21. 賀谷享諒,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,R/S Pox レッグライン特性を用いたトラフィック状態推定法に関する研究,平成25 年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, (2013), 1F09
        22. 稲次優斗,三浦歩,岩谷幸雄,五十嵐隆治,北形元,木下哲男,情報トラフィックにおける相転移モデルへ観測閾値が与える影響,平成25 年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, (2013), 1F06
        23. 杉澤知,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,奈須野裕,フロー量閾値設定のトラフィック特性の同定に関する研究,平成25 年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, (2013), 1F03.
        24. 清野明日美、小室和史、赤井澤博貴、大内 誠、関 喜一、岩谷幸雄,3次元音響を用いた聴覚空間認知訓練システム正式版リリースについての報告,第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会、抄録集, (2013), 132.
        25. 崔 正烈・増見洋治・岩谷幸雄・坂本修一・齋藤文孝・鈴木陽一,長距離伝搬サイン音の聴感評価と因子分析による印象評価,電子情報通信学会EA研究会, (2013), 27-32
        26. 崔 正烈・森本政之・佐藤逸人・坂本修一・岩谷幸雄・齋藤文孝・鈴木陽一,屋外拡声系による音声了解度の評価とサイン音の開発 ~ 災害情報の屋外音声伝達性能の向上に関する技術開発 ~[招待講演],電子情報通信学会WIT/SP研究会, (2013), 83-88.
        その他
        1. 大内誠、鈴木陽一、関喜一、岩谷幸雄,音空間バーチャルリアリティを用いたユニバーサル音空間訓練システムの構築,東北大学電気通信研究所研究活動報告第19号(2013), 126-128
        2012年度(平成24年度)
        学術論文
        1. Yukio Iwaya, Takeru Chiba, Makoto Otani, Satoshi Yairi, Maori Kobayashi, and Yoiti Suzuki, Consideration of effective acoustic rendering of spatialized ambient sound Interdisciplinary Information Sciences, 18, 2, 93-98, 2012. 
        2. Yoiti Suzuki, Takuma Okamoto, Jorge Trevino, Zheng Lie Cui, Yukio Iwaya, Shuichi Sakamoto, and Makoto Otani 3D spatial sound systems compatible with human's active listening to realize rich high-level kansei information Interdisciplinary Information Sciences, 18, 2, 71-82 2012/12.
        3. T. Okamoto, Y. Iwaya and Y. Suzuki, Wide-band dereverberation method based on multichannel linear prediction using prewhitening filter, Applied Acoustics, Vol. 73, No. 1, pp. 50-55, (2012).
        4. T. Kimura, Y. Yamakata, M. Katsumoto, T. Okamoto, S. Yairi, Y. Iwaya and Y. Suzuki, Three-dimensional radiated sound field display system using directional loudspeakers and wave field synthesis, Acoustical Science and Technology, Vol. 33, No. 1, pp. 11-20,(2012).
        5. Teramoto, W., Hidaka, S., Sugita, Y., Sakamoto, S, Gyoba, J., Iwaya, Y. and Suzuki, Y., Sounds can alter the perceived direction of a moving visual object., J. Vis.,12(3),(2012),1-12.
        6. Han, C and Okamoto, T., Iwaya, Y., and Suzuki, Y., Loudspeaker distributions suitable for crosstalk cancellers robust to head rotation., Acoust. Sci. Technol.,33(4),(2012),266-269.
        7.  Ise, T, Iwaya, Y, and Suzuki, Y., Effective control point layout for boundary surface control method based on the eigenfunction of the internal Dirichlet problem., Acoust. Sci. Technol., Vol. 33(5), (2012), 322-325.
        8. 崔正烈,寺本渉,坂本修一,岩谷幸雄,鈴木陽一,ベクションが頭部前後における水平方向の音像定位に及ぼす影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌,14(2),(2012),151-158.
        9. Yôiti Suzuki, Takuma Okamoto, Jorge Trevino, Zheng-Lie Cui, Yukio Iwaya, Shuichi Sakamoto, Makoto Otani , 3D spatial sound systems compatible with human's active listening to realize rich high-level kansei information, Interdisciplinary Information Sciences,18(2),(2012),71-82.
        国際会議論文
        1. Yukio Iwaya, Makoto Otani, and Yôiti Suzuki Effective rendering of ambient sounds in virtual auditory display, Proc. Inter-Noise 2012, 6084-6090 2012/08
        2. Yiyu T., Sato Y., Inoguchi Y., Iwaya Y., Otani M., Tsuchiya T., Matsuoka H. Design of a FPGA-based Timing Sharing Architecture for Sound Rendering Applications Proc. 9th International Conference on Information Technology: New Generations (ITNG 2012), 484-489 2012/04
        3. Y. Iwaya, T. Magariyachi, M. Otani, Y. Suzuki, Role of 4 - 8 kHz band component for wide-band noise localization in median plane, Abstract book of Acoustic 2012, pp. 3126.
        4. Y. Suzuki, Y. Ikeda, Y. Iwaya, Effects of in-phase and anti-phase head rotation of a remote avatar robot on median plane localization, Abstract book of Acoustic 2012, pp. 3255
        5. S. Sakamoto, J. Matsunaga, S. Hongo, T. Okamoto, Y. Iwaya, Y. Suzuki, Realization of sound space information acquisition system using a 252ch spherical microphone array, Abstract book of Acoustic 2012, pp. 3256.
        6. T. Okamoto, Y. Iwaya, Y. Suzuki, Acoustic privacy area generation based on simple summation of numerous loudspeaker signals, Abstract book of Acoustic 2012, pp. 3481.
        7. R. Miyauchi, DG Kang, Y. Iwaya, Y. Suzuki, Robustness of audio-visual spatial disparity in peripheral field, Abstract book of Acoustic 2012, pp. 3514/
        8. Y. Iwaya, M. Otani, Y. Suzuki, Effective Rendering of Ambient Sounds in Virtual Auditory Display, Proc. of Inter-noise 2012, 4-page in CDROM.
        国内会議発表
        1. 韓 チョルス , 岡本 拓磨 , 岩谷 幸雄,頭部回転に頑健なクロストークキャンセラのためのラウドスピーカ配置,電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(171),37-42.
        2. 大場景翔,本多明生,岩谷幸雄,鈴木陽一,坂本修一, 頭部運動中の音像定位弁別限に関する実験的考察, 日本音響学会聴覚研究会, pp. 1-6.
        3. 中尾拓也,高橋秋典,五十嵐隆治,上田 浩,岩谷幸雄,木下哲男, 長期的ポートスキャントラフィックのパターン解析に関する研究, 電気関係学会東北支部連合大会, 2F16.
        4. 杉澤 知,五十嵐隆二,高橋秋典,上田 浩,岩谷幸雄,木下哲男,那須野裕, フロー量閾値設定のトラフィック特性の同定に関する研究, 電気関係学会東北支部連合大会, 2F17.
        5. 西 航,高橋秋典,五十嵐隆治治,上田 浩,岩谷幸雄,木下哲男, Pox Diagram特徴量空間を用いたトラフィック変化検知, 電気関係学会東北支部連合大会, 2F18.
        6. 土屋隆生、石井琢人、岩谷幸雄、大谷真,GPU クラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化の検討,日本音響学会秋期講演論文集, pp.  40.
        7. トレビーニョホルヘ、岡本拓磨、岩谷幸雄、鈴木陽一,Extrapolation of Ambisonic recordings from stereo sources, 日本音響学会秋期講演論文集, pp. 110.
        8. 韓チョルス、岡本拓磨、岩谷幸雄、鈴木陽一, 両耳誤差と条件数に基づく頭部回転に頑健なクロストークキャンセラの検討,  日本音響学会講演論文集, pp. 110.
        9. 齋藤文孝、崔正烈、佐藤逸人、森本政之、苣木禎史,宇佐川 毅、岩谷幸雄、坂本修一、鈴木陽一、青木雅彦、高島和博,屋外における災害情報伝達拡声系の高度化プロジェクト,日本音響学会講演論文集, pp. 138.
        Comments