研究成果‎ > ‎

2013


【学術誌論文】
  • 頭部回転に頑健な両耳クロストークキャンセラ実現のためのラウドスピーカ配置選択法

    日本音響学会誌 69(10),(2013),538-548

    韓チョルス、岡本拓磨、岩谷幸雄、鈴木陽一


  • ベクション感覚と平衡感覚刺激並存下の音像定位

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌 18(1),(2013),27-35

    崔正烈,寺島英明,坂本修一,岩谷幸雄,鈴木陽一


  • 視聴覚コンテツの臨場感と迫真性の規定因

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌 18(1),(2013),93-101

    本多明生,神田敬幸,柴田寛,浅井暢子,寺本渉,坂本修一,岩谷幸雄,行場次 朗,鈴木陽一

     

  • Spatially oriented format for acoustics: A data exchange format representing head-related transfer functions

    Proc. of 2013 International AES Convention, pp.11-page manuscript,2013

    P. Majdak, Y. Iwaya, T. Carpentier, R. Nicol, M. Parmentier, A. Roginska, Y. Suzuki, K. Watanabe, H. Wierstorf, H. Ziegelwanger, and M. Noisternig


  • High definition 3D auditory displays and microphone arrays for the use with future 3D TV (invited lecture)

    Proc. Three Dimensional Systems and Applications (3DSA), pp.4-page manuscript,2013

    Y. Suzuki, J. Trevino, T. Okamoto, Z.-L. Cui, S. Sakamoto and Y. Iwaya


  • Effects of body vibration on the perceived reality in multi-modal contents

    Proc. Three Dimensional Systems and Applications (3DSA),pp.4-page manuscript,2013

    S. Sakamoto, G. Hasegawa, A. Honda, Y. Iwaya, Y. Suzuki and J. Gyoba


  • Improvement of accuracy of 3D sound space synthesized by real-time "SENZI", a sound space information acquisition system using spherical array with numerous microphones (invited lecture)

    Proc. The 21st International Congress on Acoustics,pp.1-9,2013

    S. Sakamoto, S. Hongo, T. Okamoto, Y. Iwaya and Y. Suzuki


  • Evaluation of different spatial windows for a multi-channel audio interpolation system

    Proc. ICA 2013, POMA 055028,pp,9-page manuscript,2013

    J. Trevino, T. Okamoto, Y. Iwaya and Y. Suzuki


  • Large-scale sound field rendering with graphics processing unit cluster for three-dimensional audio with loudspeaker array

    Proc. of Int. Cong. Acoust. 2013,pp.6-page manuscript

    Takao TsuchiyaYukio Iwaya and Makoto Otani


  • Effects of head movement and proprioceptive feedback in training of sound localization

    i-Perception (2013), Vol. 4, pp.253-264, 2013

    Akio Honda, Hiroshi Shibata, Souta Hidaka, Jiro Gyoba, Yukio Iwaya, Yoiti Suzuki


  • R/S Poxレッグライン特性

    情報処理学会論文誌, Vol.54, No.6, pp.1761-1770, 2013

    橋秋典, 五十嵐隆治, 上田浩, 岩谷幸雄, 木下哲男


  • A Hardware-Oriented Finite-Difference Time-Domain Algorithm for Sound Field Rendering

    Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 52, No. 07HC03, pp. 6-page manuscript, 2013

    Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya, Hiroshi Matsuoka and Takao Tsuchiya


  • Alert sound design considering musical-chord and frequency-sweep effects

    Proc. of Internoise 2013, pp. 4813-4817, 2013

    Iwaya, Yukio; Anbe, Takuya; Cui, Zhenglie; Suzuki, Yoiti


  • Subjective Evaluation of High-definition Virtual Sound Field using a 157-channel Surrounding Loudspeaker Array

    The Ninth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2013), pp. 4 page manuscript, 2013

    Yukio Iwaya and Tsuchiya Takao


  • Extrapolation of horizontal Ambisonics data from mainstream stereo sources

    Proc. IIH-MSP 2013, pp.4-pages manuscript, 2013

    J. Trevino, T. Okamoto, Y. Iwaya and Y. Suzuki


  • High-order Ambisonics auditory displays for the scalable presentation of immersive 3D audio-visual contents

    Proc. of the 23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2013), pp. 2 page manuscript, 2013

    J. Trevino, T. Okamoto, C. Salvador, Y. Iwaya, Z.-L. Cue, S. Sakamoto and Y. Suzuki


  • 音空間バーチャルリアリティを用いたユニバーサル音空間訓練システムの構築

    東北大学電気通信研究所研究活動報告第19(2013), 126-128

    大内誠、鈴木陽一、関喜一、岩谷幸雄


  • Body vibration effects on perceived reality with multi-modal contents

    ITE Transactions on Media Technology and Applications, 2(1), pp.46-50, 2014

    S. Sakamoto, G. Hasegawa, A. Honda, Y. Iwaya, Y. Suzuki, J. Gyoba


  • Design and Implementation of a Two-dimensional Sound Field Solver Based on the Digital Huygens

    J. Microprocessors and Microsystems 38 (2014), pp.216-225, 2014

    Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya



【国際学会発表】
  • Minimum audible angle at the subjective front during active and passive listener's head rotation

    166th Meeting of the Acoustical Society of America, Oral presentation with abstract, 2013

    Y. Suzuki, K. Ohba, A. Honda, S. Sakamoto and Y. Iwaya


  • Minimum audible angle at subjective front during listener's head rotation

    14th International Multisensory Research Forum (IMRF), Oral presentation with abstract, 2013

    Y. Suzuki, K. Ohba, S. Sakamoto, A. Honda and Y. Iwaya


  • A Real-time Sound Rendering System based on the Finite-Difference Time-Domain Algorithm

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, (2013), 235-236

    Tan Yiyu, Yasushi Inoguchi, Yukinori Sato, Makoto Otani, Yukio Iwaya

     

  • Wide-Range Auditory Orientation Training System for Blind O&M Training

    the 29th Annual International Technology and Persons with Disabilities Conference, Oral Presentation with 3-page extended abstract, 2014

    Yoshikazu SEKI, Yukio IWAYA, Makoto OH-UCHI, Yo-iti SUZUKI



【その他国内発表】

  • 屋外拡声系による音声了解度の評価とサイン音の開発 ~ 災害情報の屋外音声伝達性能の向上に関する技術開発 ~[招待講演]

    電子情報通信学会WIT/SP研究会, (2013), 83-88

    崔 正烈・森本政之・佐藤逸人・坂本修一・岩谷幸雄・齋藤文孝・鈴木陽一


  • 長距離伝搬サイン音の聴感評価と因子分析による印象評価

    電子情報通信学会EA研究会, (2013), 27-32

    崔 正烈・増見洋治・岩谷幸雄・坂本修一・齋藤文孝・鈴木陽一


  • 3次元音響を用いた聴覚空間認知訓練システム正式版リリースについての報告

    22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会、抄録集, (2013), 132

    清野明日美、小室和史、赤井澤博貴、大内 誠、関 喜一、岩谷幸雄


  • フロー量閾値設定のトラフィック特性の同定に関する研究

    平成25 年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, (2013), 1F03

    杉澤知,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,奈須野裕


  • 情報トラフィックにおける相転移モデルへ観測閾値が与える影響

    平成25 年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, (2013), 1F06

    稲次優斗三浦歩岩谷幸雄,五十嵐隆治,北形元,木下哲男


  • R/S Pox レッグライン特性を用いたトラフィック状態推定法に関する研究

    平成25 年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, (2013), 1F09

    賀谷享諒,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男


  • ステレオ画像聴取者センシングの開発と3次元聴覚ディスプレイへの導入

    電子情報通信学会EA研究会, (2013), 35-38

    伊藤敦郎・鈴木陽一・酒井修二・伊藤康一・大内 誠・坂本修一・青木孝文・岩谷幸雄


  • 包囲型マイクロホン・スピーカアレイによる音空間レンダリングの試み

    電子情報通信学会EA研究会, (2013), 23-28

    土屋隆生・岩谷幸雄・大谷 真・井口 寧


  • 空間レンダリングされた高精細音空間の主観評価

    日本音響学会秋季研究発表会, (2013), 719-720

    山本逸朗鎗水翔也岩谷幸雄、土屋隆生

  • 回転運動する聴覚刺激が回転ベクション感覚に及ぼす影響FIT船井ベストペー パー賞受賞)

    12回情報科学技術フォーラム(FIT2013, (2013), 33-38

    崔正烈,柳生寛幸,坂本修一,岩谷幸雄,鈴木陽一


  • フロー量閾値設定のトラフィック特性の同定に関する研究

    平成25年度情報処理学会東北支部研究会, (2013), No. 6

    杉澤知,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男,奈須野裕


  • 音響AR空間内における視覚障害者の歩行訓練とその効果

    39回感覚代行シンポジウム、講演論文集, (2013), 73-76

    清野明日美、小室和史、赤井澤博貴、大内 誠、岩谷幸雄、関 喜一


  • 広範囲聴覚空間認知訓練システムWR-AOTSの実用化

    39回感覚代行シンポジウム、講演論文集, (2013), 69-72

    関喜一、岩谷幸雄、大内誠、鈴木陽一

     

  • 屋外における災害情報の伝達性能の向上を目指して-総務省平成23年度3次補正 予算による技術開発-(招待講演)

    日本音響学会講演論文集, (2013), 1523-1526

    鈴木陽一,崔正烈,坂本修一,森本政之,宇佐川毅,苣木禎史,佐藤逸人,岩谷 幸雄,青木雅彦,小池宏寿,高島和博,鶴秀生,光枝太一


  • 長距離伝搬に頑健な津波警報候補音の作成・印象評価と最終候補の選定

    日本音響学会講演論文集, (2013), 1425-1428

    崔正烈,増見洋治,岩谷幸雄,安倍卓弥,勝本道哲,坂本修一,齋藤文孝,鈴木陽一


  • 32ch高次Ambisonicsを用いた可搬型3次元視聴覚ディスプレイ

    日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集(2013, 88-91

    崔正烈,岡本拓磨,岩谷幸雄,ホルヘ トレビーニョ,坂本修一,鈴木陽一


  • 視覚障害者用聴覚空間認知訓練システムの実用化

    日本機械学会バイオエンジニアリング講演会2013、講演論文集, (2014), 283-284

    関喜一、岩谷幸雄、大内誠、鈴木陽一


  • 遠隔レンダリング型聴覚ディスプレイの試作

    電子情報通信学会EMM研究会, (2014), 11-16

    岩谷幸雄庄子拓也川崎誉洋千葉順子・大谷 真・土屋隆生


  • R/S Pox レッグライン特性を用いたトラフィック状態推定法に関する研究

    第8回先進的情報通信工学研究会研究発表会, (2014), 口頭発表

    加賀谷享諒,高橋秋典,五十嵐隆治,上田 浩,岩谷幸雄,木下哲男


  • CE-FDTD法の境界条件について ~ 密度変化の取り扱い ~

    電子情報通信学会EA研究会, (2014), 1-6

    丸田直樹・山下 脩・土屋隆生・大谷 真・岩谷幸雄


  • バーチャル聴覚ディスプレイを応用した移動音源定位能力アセスメント基礎的研究2とゲーム性考察

    映像情報メディア学会AIT研究会, (2014), 199-202

    中野稜允・伊豆田廉明・大内 誠・清野明日美・小室和史・岩谷幸雄・関 善一・名手久貴


  • 多チャンネル音場再現のバイノーラル合成による模擬

    電子情報通信学会2014年総合大会, (2014), A-10-1

    大谷 真、内田 涼、土屋隆生、岩谷幸雄


  • 空間的折り返し歪みがある稠密スピーカ音場における音像定位

    日本音響学会2014年度春季研究発表会, (2014), 905-906

    鎗水翔也山本逸朗東海林凌岩谷幸雄、土屋隆生


  • CE-FDTD法の反射境界について

    日本音響学会2014年度春季研究発表会, (2014), 1397-1398

    土屋隆生、岩谷幸雄、大谷 真


  • R/S Poxレッグライン特性を用いた異常検知に関する研究

    平成25年度日本知能情報ファジィ学会東北支部研究会, (2014), 10

    加賀谷享諒,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男


  • フロー単位のパケット比率に着目したポートスキャン検知に関する研究

    平成25年度日本知能情報ファジィ学会東北支部研究会, (2014), 11

    竹原里紗,高橋秋典,五十嵐隆治,上田浩,岩谷幸雄,木下哲男


  • クラウド型聴覚ディスプレイの遅延解析

    電子情報通信学会2014年総合大会, (2014), A-10-2

    岩谷幸雄庄子拓也川崎誉洋、土屋隆生、大谷真